四八式 四型 丁 斑鎚〈イカヅチ〉

array(19) { ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(159) "a:6:{i:0;s:11:"zodiac_main";i:1;s:14:"zodiac_image_1";i:2;s:14:"zodiac_image_2";i:3;s:14:"zodiac_image_3";i:4;s:14:"zodiac_image_4";i:5;s:14:"zodiac_image_5";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(68) "a:2:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["zodiac_name"]=> array(1) { [0]=> string(46) "四八式 四型 丁 斑鎚〈イカヅチ〉" } ["zodiac_description"]=> array(1) { [0]=> string(570) "重装甲な多脚戦車をコンセプトに制作しました。 機体は敵基地強襲の為に輝鎚のパーツを用いて急造された、という設定です。強襲型の特殊フレームアームズとして高速で狙撃戦を展開し突破口を開くシーンをイメージしたジオラマです。 製作ではラインセンサーにLEDを仕込み、上部センサーにはHIQパーツのVCドームを使用してセンサーを強調しています。塗装はスケール感と重厚感を出せるよう黒立ち上げにしました。" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(3) "608" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1564540286:1" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "1" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(3) "NOX" } ["department"]=> array(1) { [0]=> string(30) "フレームアームズ部門" } ["constellation"]=> array(1) { [0]=> string(11) "Sagittarius" } ["zodiac_parts"]=> array(1) { [0]=> string(360) "輝鎚乙狙撃仕様、エクステンドアームズ05、エグゼニスウイング、エクステンドアームズ03、エクスアーマーC、ウェポンユニット39 連装砲、メカサプライ05 ジョイントセットA、P-139 メカニカルアーム、フリースタイルシールド、VCドーム オーシャンブルー(HIQパーツ)" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(26) "hiromu.natsubori@gmail.com" } ["zodiac_main"]=> array(1) { [0]=> string(3) "471" } ["zodiac_image_1"]=> array(1) { [0]=> string(3) "472" } ["zodiac_image_2"]=> array(1) { [0]=> string(3) "473" } ["zodiac_image_3"]=> array(1) { [0]=> string(3) "474" } ["zodiac_image_4"]=> array(1) { [0]=> string(3) "475" } ["zodiac_image_5"]=> array(1) { [0]=> string(3) "476" } }

作品名 四八式 四型 丁 斑鎚〈イカヅチ〉
ユーザー名 NOX
部門名 フレームアームズ部門
星座名 Sagittarius
使用したパーツの詳細 輝鎚乙狙撃仕様、エクステンドアームズ05、エグゼニスウイング、エクステンドアームズ03、エクスアーマーC、ウェポンユニット39 連装砲、メカサプライ05 ジョイントセットA、P-139 メカニカルアーム、フリースタイルシールド、VCドーム オーシャンブルー(HIQパーツ)
作品に関してのコメント

重装甲な多脚戦車をコンセプトに制作しました。
機体は敵基地強襲の為に輝鎚のパーツを用いて急造された、という設定です。強襲型の特殊フレームアームズとして高速で狙撃戦を展開し突破口を開くシーンをイメージしたジオラマです。
製作ではラインセンサーにLEDを仕込み、上部センサーにはHIQパーツのVCドームを使用してセンサーを強調しています。塗装はスケール感と重厚感を出せるよう黒立ち上げにしました。

作品一覧ページに戻る