RXO-5 [MAD TAURUS]

array(19) { ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(159) "a:6:{i:0;s:14:"zodiac_image_4";i:1;s:14:"zodiac_image_5";i:2;s:11:"zodiac_main";i:3;s:14:"zodiac_image_1";i:4;s:14:"zodiac_image_2";i:5;s:14:"zodiac_image_3";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(68) "a:2:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["zodiac_name"]=> array(1) { [0]=> string(18) "RXO-5 [MAD TAURUS]" } ["zodiac_description"]=> array(1) { [0]=> string(4211) " CC214年10月、世界各地での武力衝突を経て技術復興連盟G.A.Fとの戦力差が明確に現れ始めた反勢力R.V.L.Tは、戦力の増強と温存を第一目標とし活動を続けていた。それに伴い、リベルタの戦力が整うまでの中継ぎ役として新たな部隊が編成された。戦時中、搭乗者に合わせる形で改造が施された特異機体で戦っていた者達で構成されたこの部隊は、第9独立遊撃隊[Ravens]と命名され後に各地の戦闘で名を残すことになった。 本項に記載する“RXO-5 マッド・タウルス”はこの部隊に所属する強襲型FAの1機である。この機体はCC213年10月頃、元防衛機構技師である“リマ・ヒアデス”によって開発されたと記録されている。彼は防衛機構内での特殊兵装開発部の実質的リーダーであり、EXプロジェクトにおける試作兵装開発の殆どに関わりのある人物であった。しかし、地上での戦いが安定し主力機がJXシリーズとなった事でより汎用的な兵装の需要が高まるにつれて彼の技術は有用性を失っていった。周囲から異端として敬遠され始めたリマは現状を憂い、程なくして防衛機構から姿を消した。 彼の失踪から約半年後のCC213年10月、戦況が反撃に転換しつつある中で防衛機構にとっての新たな脅威が北米と南米にて確認された。TCS オシレーターを装備した改良型の“XFA-01 ウェアウルフ・スペクター”である。この無人FAはTCSオシレーターによる強固なエネルギーシールドの向こう側から重火器による砲撃を行い、敵機を近づけることなく殲滅するという戦法をとる。XFA-01自体が歩行での移動を前提とする低機動機体であり、搭載されたオシレーターを防御のみに運用できるため機体稼働時間がNSG-X1と比べ大幅に上昇している。この機体で構成された一個小隊の防衛力は前線基地に匹敵し、アタカマ区・デナリア区両基地攻略の大きな障害になると予想された。しかし、事態は唐突に好転する事になる。同地区に出現した未確認FAによって亡霊達は僅か半月足らずで殲滅されたのだ。戦闘を目撃した兵士達は“並のFA程もある格闘兵装を振り回す巨大な機体が、瞬く間に亡霊達を薙ぎ倒していった”と後に証言している。この巨大な機体こそが防衛機構を去ったリマ技師が作り上げた強襲型FA、RXO-5である。本機はリマ技師が嘗て開発に関わった大型格闘兵装の運用を前提に設計されており、巨大な下半身と高い膂力を持つ腕部を有する。またこれらを支えるフレームの剛性を高めるために体積が増加しており、反比例するように胸部は比較的装甲が薄い。強襲機としてこれは欠点であるが、結果として質量が抑えられる事で機動力が高まり右腕の破城槌によってある程度の砲撃ならば耐えうる事が出来る。 操縦は元防衛機構FAパイロットのアイン・アマテルが務める。彼は実直かつ冷静な判断を行える優秀な兵士であったが、その性格故に上官の反感を買って除隊させられた経験をもつ。除隊後はフリーのFA乗りとして活動していたがリマに誘われる形でコンビを組み、試験中であったRXO-5の実地テストに協力していた。戦闘では理詰めによって確実に敵を追い詰め撃破するが、普段の彼を知らない者達からは機体の風体と敵部隊へ突撃する姿から狂牛の名で呼ばれている。本人はさほど気にはしていないがリマ技師はこの渾名をいたく気に入っており、機体の正式名称とエンブレムにも用いている。 リマとアインは亡霊達の討伐後も地上での活動を主としており、内紛時にはレイヴンズの編成を機にリベルタに参加している。" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(3) "609" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1557716192:1" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "1" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(6) "主任" } ["department"]=> array(1) { [0]=> string(30) "フレームアームズ部門" } ["constellation"]=> array(1) { [0]=> string(6) "Taurus" } ["zodiac_parts"]=> array(1) { [0]=> string(708) "フレームアーキテクト リニューアルVer.、コボルド、シュトラウス、輝鎚・乙 白兵戦仕様、バーゼラルド、ジィダオ EA仕様、セカンドジャイヴ、エクステンドアームズ05、ミサイル&レドーム、サーベル&ハンマー、スパイラルクラッシャー、エクシードバインダー、バイオレンスラム、リボルビングバスターキャノン、フレキシブルアームA、ジョイントセットA、ジョイントセットB、ジョイントセットC、エクスアーマーA、エクスアーマーB、エクスアーマーC、カスタマイズヘッドA、パワードガーディアン、アームドブレイカー" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(28) "mikael.msa0011.est@gmail.com" } ["zodiac_main"]=> array(1) { [0]=> string(3) "487" } ["zodiac_image_1"]=> array(1) { [0]=> string(3) "488" } ["zodiac_image_2"]=> array(1) { [0]=> string(3) "489" } ["zodiac_image_3"]=> array(1) { [0]=> string(3) "490" } ["zodiac_image_4"]=> array(1) { [0]=> string(3) "485" } ["zodiac_image_5"]=> array(1) { [0]=> string(3) "486" } }

作品名 RXO-5 [MAD TAURUS]
ユーザー名 主任
部門名 フレームアームズ部門
星座名 Taurus
使用したパーツの詳細 フレームアーキテクト リニューアルVer.、コボルド、シュトラウス、輝鎚・乙 白兵戦仕様、バーゼラルド、ジィダオ EA仕様、セカンドジャイヴ、エクステンドアームズ05、ミサイル&レドーム、サーベル&ハンマー、スパイラルクラッシャー、エクシードバインダー、バイオレンスラム、リボルビングバスターキャノン、フレキシブルアームA、ジョイントセットA、ジョイントセットB、ジョイントセットC、エクスアーマーA、エクスアーマーB、エクスアーマーC、カスタマイズヘッドA、パワードガーディアン、アームドブレイカー
作品に関してのコメント

CC214年10月、世界各地での武力衝突を経て技術復興連盟G.A.Fとの戦力差が明確に現れ始めた反勢力R.V.L.Tは、戦力の増強と温存を第一目標とし活動を続けていた。それに伴い、リベルタの戦力が整うまでの中継ぎ役として新たな部隊が編成された。戦時中、搭乗者に合わせる形で改造が施された特異機体で戦っていた者達で構成されたこの部隊は、第9独立遊撃隊[Ravens]と命名され後に各地の戦闘で名を残すことになった。
本項に記載する“RXO-5 マッド・タウルス”はこの部隊に所属する強襲型FAの1機である。この機体はCC213年10月頃、元防衛機構技師である“リマ・ヒアデス”によって開発されたと記録されている。彼は防衛機構内での特殊兵装開発部の実質的リーダーであり、EXプロジェクトにおける試作兵装開発の殆どに関わりのある人物であった。しかし、地上での戦いが安定し主力機がJXシリーズとなった事でより汎用的な兵装の需要が高まるにつれて彼の技術は有用性を失っていった。周囲から異端として敬遠され始めたリマは現状を憂い、程なくして防衛機構から姿を消した。
彼の失踪から約半年後のCC213年10月、戦況が反撃に転換しつつある中で防衛機構にとっての新たな脅威が北米と南米にて確認された。TCS オシレーターを装備した改良型の“XFA-01 ウェアウルフ・スペクター”である。この無人FAはTCSオシレーターによる強固なエネルギーシールドの向こう側から重火器による砲撃を行い、敵機を近づけることなく殲滅するという戦法をとる。XFA-01自体が歩行での移動を前提とする低機動機体であり、搭載されたオシレーターを防御のみに運用できるため機体稼働時間がNSG-X1と比べ大幅に上昇している。この機体で構成された一個小隊の防衛力は前線基地に匹敵し、アタカマ区・デナリア区両基地攻略の大きな障害になると予想された。しかし、事態は唐突に好転する事になる。同地区に出現した未確認FAによって亡霊達は僅か半月足らずで殲滅されたのだ。戦闘を目撃した兵士達は“並のFA程もある格闘兵装を振り回す巨大な機体が、瞬く間に亡霊達を薙ぎ倒していった”と後に証言している。この巨大な機体こそが防衛機構を去ったリマ技師が作り上げた強襲型FA、RXO-5である。本機はリマ技師が嘗て開発に関わった大型格闘兵装の運用を前提に設計されており、巨大な下半身と高い膂力を持つ腕部を有する。またこれらを支えるフレームの剛性を高めるために体積が増加しており、反比例するように胸部は比較的装甲が薄い。強襲機としてこれは欠点であるが、結果として質量が抑えられる事で機動力が高まり右腕の破城槌によってある程度の砲撃ならば耐えうる事が出来る。
操縦は元防衛機構FAパイロットのアイン・アマテルが務める。彼は実直かつ冷静な判断を行える優秀な兵士であったが、その性格故に上官の反感を買って除隊させられた経験をもつ。除隊後はフリーのFA乗りとして活動していたがリマに誘われる形でコンビを組み、試験中であったRXO-5の実地テストに協力していた。戦闘では理詰めによって確実に敵を追い詰め撃破するが、普段の彼を知らない者達からは機体の風体と敵部隊へ突撃する姿から狂牛の名で呼ばれている。本人はさほど気にはしていないがリマ技師はこの渾名をいたく気に入っており、機体の正式名称とエンブレムにも用いている。
リマとアインは亡霊達の討伐後も地上での活動を主としており、内紛時にはレイヴンズの編成を機にリベルタに参加している。

作品一覧ページに戻る