CxB-01 〈オブシダン〉
CxB-01 〈オブシダン〉

CxB-01 〈オブシダン〉

array(21) { ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(159) "a:6:{i:0;s:11:"zodiac_main";i:1;s:14:"zodiac_image_1";i:2;s:14:"zodiac_image_2";i:3;s:14:"zodiac_image_3";i:4;s:14:"zodiac_image_4";i:5;s:14:"zodiac_image_5";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(68) "a:2:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["zodiac_name"]=> array(1) { [0]=> string(28) "CxB-01 〈オブシダン〉" } ["zodiac_description"]=> array(1) { [0]=> string(1701) "山羊座モチーフということで、山羊脚や魚の鰭のような部位といった牧神パーンの意匠を散りばめつつ、翼持つ山羊頭の悪魔バフォメットのイメージでまとめました。 ツインテールと胸の大きなリボン、くるくると目まぐるしく変わる表情は〈オブシダン〉のチャームポイントであり、無闇に愛想を振りまく性格とあいまって戦場でもとにかく目を惹く存在です。 最大の特徴である背中のユニットは第二第三の腕ともいえるフレキシブルバインダーであり、変形することで格闘用クロー、レーザーキャノン、そして高機動ウイングとして使用できます。これらに加え、極高出力の大剣〈レヴァンティン〉と左腰の刈刀〈椿〉を備えたことで、特にクロスレンジでは圧倒的な破壊力を持つ子に仕上がっています。なお、武装の大半を分離・再構築することでサポートドローン(サブカット2)を稼働させることができるものの、本人からは「なんか虫みたいで嫌」と嫌われており、積極的に使用されることはありません。 悪魔的なカワイサを振りまきつつ物騒な獲物を振り回し、戦場を蹂躙することから「ぶりっこバーサーカー」とも呼ばれる〈オブシダン〉。ミキシングや手芸素材の使用、デカール等、今の自分にできることを注ぎ込んだ集大成ともいえる作品となりました。コンテストという機会を与えてくださったコトブキヤ様に、心より感謝いたします。" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "1409" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1567154305:1" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "1" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(4) "NEMO" } ["department"]=> array(1) { [0]=> string(42) "フレームアームズ・ガール部門" } ["constellation"]=> array(1) { [0]=> string(9) "Capricorn" } ["zodiac_parts"]=> array(1) { [0]=> string(2004) "ゾディコンデカール(右手の剣、右肩の装甲、ベース)【FAガール】・バーゼラルド(頭部、上半身、背部フレーム)・白虎(下半身、太腿、背中の砲、胸のリボン)・レティシア(顔、胸の装甲、首飾り、腕のスペーサー)・アーキテクト(右腕)・フレズヴェルク(太腿のスペーサー)・迅雷[Fresh Skin Limbs Append](左腕)【FA】・レイファルクス(右手の剣の柄)【ヘキサギア】・アビスクローラー(脚部・背中・腰の装甲、脚部、右手の剣、右肩の装甲)・ボルトレックス(右腕前腕、背部フレーム、左バインダー上部)・ブロックバスター(右肩の装甲)・EXユニット001(足先)【M.S.G】・ギガンティックアームズ04 アームドブレイカー(頭部装甲、ポニーテール、右肩の装甲、左腰の刀)・ハンドユニット シャープハンド2(右手)・メカサプライ10 ディテールカバーA(頭部装甲、全身の3mm穴)・メカサプライ07 エクスアーマーA(目隠し、右バインダー上部、右腰装甲、右手の剣)・ヘヴィウェポンユニット07 スカルマサカー(頭部の角)・へヴィウェポンユニット11 キラービーク(バインダー横)・メカサプライ02 フレキシブルアームB(背部フレーム、腰の装甲基部、右手の剣)・ヘヴィウェポンユニット MH02R スパイラルクラッシャー(バインダー先端の爪、脚部装甲)・MB-42R フライングベースR(ベース)【ハイキューパーツ】・タトゥーデカール01「ハート」ゴールド(全身各部)【模型用の工具材料】・エポキシパテ(ヘッドギアのポニーテール接続部、太腿スペーサー穴埋め)【模型用以外の部品等】・手芸用チェーン(頭部、背部フレームから右手の剣&右腰装甲まで)・手芸用ラインストーン(頭部後ろのリボン、他全身各部)" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(23) "blackbird3373@gmail.com" } ["zodiac_main"]=> array(1) { [0]=> string(3) "656" } ["zodiac_image_1"]=> array(1) { [0]=> string(3) "657" } ["zodiac_image_2"]=> array(1) { [0]=> string(3) "658" } ["zodiac_image_3"]=> array(1) { [0]=> string(3) "659" } ["zodiac_image_4"]=> array(1) { [0]=> string(3) "660" } ["zodiac_image_5"]=> array(1) { [0]=> string(3) "661" } ["jyusyoumark"]=> array(1) { [0]=> string(4) "1459" } ["jyusyou"]=> array(1) { [0]=> string(4) "1455" } }

作品名 CxB-01 〈オブシダン〉
ユーザー名 NEMO
部門名 フレームアームズ・ガール部門
星座名 Capricorn
使用したパーツの詳細 ゾディコンデカール(右手の剣、右肩の装甲、ベース)【FAガール】・バーゼラルド(頭部、上半身、背部フレーム)・白虎(下半身、太腿、背中の砲、胸のリボン)・レティシア(顔、胸の装甲、首飾り、腕のスペーサー)・アーキテクト(右腕)・フレズヴェルク(太腿のスペーサー)・迅雷[Fresh Skin Limbs Append](左腕)【FA】・レイファルクス(右手の剣の柄)【ヘキサギア】・アビスクローラー(脚部・背中・腰の装甲、脚部、右手の剣、右肩の装甲)・ボルトレックス(右腕前腕、背部フレーム、左バインダー上部)・ブロックバスター(右肩の装甲)・EXユニット001(足先)【M.S.G】・ギガンティックアームズ04 アームドブレイカー(頭部装甲、ポニーテール、右肩の装甲、左腰の刀)・ハンドユニット シャープハンド2(右手)・メカサプライ10 ディテールカバーA(頭部装甲、全身の3mm穴)・メカサプライ07 エクスアーマーA(目隠し、右バインダー上部、右腰装甲、右手の剣)・ヘヴィウェポンユニット07 スカルマサカー(頭部の角)・へヴィウェポンユニット11 キラービーク(バインダー横)・メカサプライ02 フレキシブルアームB(背部フレーム、腰の装甲基部、右手の剣)・ヘヴィウェポンユニット MH02R スパイラルクラッシャー(バインダー先端の爪、脚部装甲)・MB-42R フライングベースR(ベース)【ハイキューパーツ】・タトゥーデカール01「ハート」ゴールド(全身各部)【模型用の工具材料】・エポキシパテ(ヘッドギアのポニーテール接続部、太腿スペーサー穴埋め)【模型用以外の部品等】・手芸用チェーン(頭部、背部フレームから右手の剣&右腰装甲まで)・手芸用ラインストーン(頭部後ろのリボン、他全身各部)
作品に関してのコメント

山羊座モチーフということで、山羊脚や魚の鰭のような部位といった牧神パーンの意匠を散りばめつつ、翼持つ山羊頭の悪魔バフォメットのイメージでまとめました。
ツインテールと胸の大きなリボン、くるくると目まぐるしく変わる表情は〈オブシダン〉のチャームポイントであり、無闇に愛想を振りまく性格とあいまって戦場でもとにかく目を惹く存在です。
最大の特徴である背中のユニットは第二第三の腕ともいえるフレキシブルバインダーであり、変形することで格闘用クロー、レーザーキャノン、そして高機動ウイングとして使用できます。これらに加え、極高出力の大剣〈レヴァンティン〉と左腰の刈刀〈椿〉を備えたことで、特にクロスレンジでは圧倒的な破壊力を持つ子に仕上がっています。なお、武装の大半を分離・再構築することでサポートドローン(サブカット2)を稼働させることができるものの、本人からは「なんか虫みたいで嫌」と嫌われており、積極的に使用されることはありません。
悪魔的なカワイサを振りまきつつ物騒な獲物を振り回し、戦場を蹂躙することから「ぶりっこバーサーカー」とも呼ばれる〈オブシダン〉。ミキシングや手芸素材の使用、デカール等、今の自分にできることを注ぎ込んだ集大成ともいえる作品となりました。コンテストという機会を与えてくださったコトブキヤ様に、心より感謝いたします。

作品一覧ページに戻る