1/1500 ドルジェ 12番艦

array(19) { ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(159) "a:6:{i:0;s:14:"zodiac_image_1";i:1;s:11:"zodiac_main";i:2;s:14:"zodiac_image_2";i:3;s:14:"zodiac_image_3";i:4;s:14:"zodiac_image_4";i:5;s:14:"zodiac_image_5";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(68) "a:2:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["zodiac_name"]=> array(1) { [0]=> string(30) "1/1500 ドルジェ 12番艦" } ["zodiac_description"]=> array(1) { [0]=> string(2261) "・機体設定 「月面プラントをワンパンでぶっ潰せる開発計画」という地球防衛機構の一部の上層部による無茶ぶりに対して、提示された一案が<ドルジェ>である。基本的なモードが3つ存在し、状況に応じてモードを入れ替えて戦闘を行う。 「巡行モード」は巡行速度を重視した形態であり、艦載FAの出撃は基本的にこの形態で行われる。「近接戦モード」は腕部の装備<バトルプラットホーム>をメインとした格闘戦が主体となる。艦首部分で敵施設をどついたり、主砲を近距離でお見舞いするなど、ただの戦艦にはとどまらない戦術をとることが可能である。「殲滅戦モード」は艦内すべてのエネルギーを<大口径光学式バズーカ>に集中させ、敵戦力を一挙に壊滅させる。防御力が極端に低下するため、艦載FAとの連携が重要となる。ドルジェを12艦建造すれば、月面プラントなど恐るるに値しないでしょうというのが、上層部に提出されたコンセプトである。 形状が<DDX-101 金剛>と酷似しているが、これは、プレゼンテーションの日が目前に迫り、深夜のテンションが入った企画チームが、当時図面が存在したの図面データ内の寸法値を15倍に拡大し、装備を好き勝手付け足してモデルを作製したためである。プレゼン自体の受けはよかった(本人談)が、予算のあれこれをツッコまれ、あとは皆様のご想像通りの顛末となった。 ・製作について 上記のように不遇なる俺設定のドルジェを再現したものが「1/1500 ドルジェ 12番艦」です。金剛をベースとして作製いたしました。Piscesで応募した理由としては、青っぽい色を塗りたかったので、青っぽい色→さかな→Piscesと逆算的に決めた感じです。なんだかスケール感が伝わりにくいので、1/1500サイズのフレームアーキテクトTYPE001っぽいものを作製しました。写真のどこかに紛れているので探してみてね!" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "1281" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1559112298:1" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "1" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(15) "さかなざる" } ["department"]=> array(1) { [0]=> string(30) "フレームアームズ部門" } ["constellation"]=> array(1) { [0]=> string(6) "Pisces" } ["zodiac_parts"]=> array(1) { [0]=> string(605) "金剛、 エクステンドアームズ05、 レイダオ、 ブリッツガンナー、 コンバートボディ、 連装砲、 バリスティックシールド、 レイジングブースター、フレキシブルアームA、 ジョイントセットA、 エクスアーマーA、 エクスアーマーC、ディティールカバーA、 ジョイントセットC、 ベクタードスラスターA、 ラジエートフィンAプラ板使用箇所:甲板下、脚部裏の装甲、脚部ノズルの接続部、1/1500フレームアーキテクトTYPE001っぽいもの" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(28) "sakana_zaru_2011@yahoo.co.jp" } ["zodiac_main"]=> array(1) { [0]=> string(3) "814" } ["zodiac_image_1"]=> array(1) { [0]=> string(3) "813" } ["zodiac_image_2"]=> array(1) { [0]=> string(3) "815" } ["zodiac_image_3"]=> array(1) { [0]=> string(3) "816" } ["zodiac_image_4"]=> array(1) { [0]=> string(3) "817" } ["zodiac_image_5"]=> array(1) { [0]=> string(3) "818" } }

作品名 1/1500 ドルジェ 12番艦
ユーザー名 さかなざる
部門名 フレームアームズ部門
星座名 Pisces
使用したパーツの詳細 金剛、 エクステンドアームズ05、 レイダオ、 ブリッツガンナー、 コンバートボディ、 連装砲、 バリスティックシールド、 レイジングブースター、フレキシブルアームA、 ジョイントセットA、 エクスアーマーA、 エクスアーマーC、ディティールカバーA、 ジョイントセットC、 ベクタードスラスターA、 ラジエートフィンAプラ板使用箇所:甲板下、脚部裏の装甲、脚部ノズルの接続部、1/1500フレームアーキテクトTYPE001っぽいもの
作品に関してのコメント

・機体設定
「月面プラントをワンパンでぶっ潰せる開発計画」という地球防衛機構の一部の上層部による無茶ぶりに対して、提示された一案が<ドルジェ>である。基本的なモードが3つ存在し、状況に応じてモードを入れ替えて戦闘を行う。
「巡行モード」は巡行速度を重視した形態であり、艦載FAの出撃は基本的にこの形態で行われる。「近接戦モード」は腕部の装備<バトルプラットホーム>をメインとした格闘戦が主体となる。艦首部分で敵施設をどついたり、主砲を近距離でお見舞いするなど、ただの戦艦にはとどまらない戦術をとることが可能である。「殲滅戦モード」は艦内すべてのエネルギーを<大口径光学式バズーカ>に集中させ、敵戦力を一挙に壊滅させる。防御力が極端に低下するため、艦載FAとの連携が重要となる。ドルジェを12艦建造すれば、月面プラントなど恐るるに値しないでしょうというのが、上層部に提出されたコンセプトである。
形状が<DDX-101 金剛>と酷似しているが、これは、プレゼンテーションの日が目前に迫り、深夜のテンションが入った企画チームが、当時図面が存在したの図面データ内の寸法値を15倍に拡大し、装備を好き勝手付け足してモデルを作製したためである。プレゼン自体の受けはよかった(本人談)が、予算のあれこれをツッコまれ、あとは皆様のご想像通りの顛末となった。

・製作について
上記のように不遇なる俺設定のドルジェを再現したものが「1/1500 ドルジェ 12番艦」です。金剛をベースとして作製いたしました。Piscesで応募した理由としては、青っぽい色を塗りたかったので、青っぽい色→さかな→Piscesと逆算的に決めた感じです。なんだかスケール感が伝わりにくいので、1/1500サイズのフレームアーキテクトTYPE001っぽいものを作製しました。写真のどこかに紛れているので探してみてね!

作品一覧ページに戻る