三二式三型 ミサイルブースター&カニバサミ装備型

array(19) { ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(159) "a:6:{i:0;s:11:"zodiac_main";i:1;s:14:"zodiac_image_1";i:2;s:14:"zodiac_image_2";i:3;s:14:"zodiac_image_3";i:4;s:14:"zodiac_image_4";i:5;s:14:"zodiac_image_5";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(68) "a:2:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["zodiac_name"]=> array(1) { [0]=> string(72) "三二式三型 ミサイルブースター&カニバサミ装備型" } ["zodiac_description"]=> array(1) { [0]=> string(1290) "三二式三型が持つ改良ホークを推進器として運用した例があるらしい…  本機はその運用例を基に近接特化に改修された機体である。本機最大の特徴は右腕に装備している武装「カニバサミ」だ。蟹の持つハサミをモチーフとした攻守一体型の武装で、大型チェーンソーを2つ装備という非常に高火力の武装である。しかし、大型であるため機体バランスの低下と機体の重量化という大きな欠点がある。その欠点を補うために三二式三型の持つ推進器だ。機体の重量化による機動力の低下を推進器でカバーするという想定である。とはいえ、機体バランスの悪さは変わらずに残っているため、操縦技術が必要である。  想定された運用方法は、推進器とカニバサミを活かした突撃で敵指揮官機を討つことであり、戦闘の短期決着を主としている。  本機の肩にある蟹座のエンブレムは整備スタッフの趣味であり、青を基調としたカラーリングはタイワンガザミなどの青い渡り蟹をモチーフにしてあるようで、戦場を渡り歩くという意が込められている。" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "1317" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1559545062:1" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "1" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(5) "iw714" } ["department"]=> array(1) { [0]=> string(30) "フレームアームズ部門" } ["constellation"]=> array(1) { [0]=> string(6) "Cancer" } ["zodiac_parts"]=> array(1) { [0]=> string(318) "FA 三二式三型 誘導弾改良ホーク搭載型 轟雷、 エクスアーマーA、 エクスアーマーB、 FA 四八式一型 輝鎚・甲:RE、 M.S.G 外部ジェネレーター ×2、 M.S.G ダイナミックチェーンソー ×2、 M.S.G レイジングブースター" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(21) "zgundam0714@gmail.com" } ["zodiac_main"]=> array(1) { [0]=> string(3) "858" } ["zodiac_image_1"]=> array(1) { [0]=> string(3) "859" } ["zodiac_image_2"]=> array(1) { [0]=> string(3) "860" } ["zodiac_image_3"]=> array(1) { [0]=> string(3) "861" } ["zodiac_image_4"]=> array(1) { [0]=> string(3) "862" } ["zodiac_image_5"]=> array(1) { [0]=> string(3) "863" } }

作品名 三二式三型 ミサイルブースター&カニバサミ装備型
ユーザー名 iw714
部門名 フレームアームズ部門
星座名 Cancer
使用したパーツの詳細 FA 三二式三型 誘導弾改良ホーク搭載型 轟雷、 エクスアーマーA、 エクスアーマーB、 FA 四八式一型 輝鎚・甲:RE、 M.S.G 外部ジェネレーター ×2、 M.S.G ダイナミックチェーンソー ×2、 M.S.G レイジングブースター
作品に関してのコメント

三二式三型が持つ改良ホークを推進器として運用した例があるらしい…
 本機はその運用例を基に近接特化に改修された機体である。本機最大の特徴は右腕に装備している武装「カニバサミ」だ。蟹の持つハサミをモチーフとした攻守一体型の武装で、大型チェーンソーを2つ装備という非常に高火力の武装である。しかし、大型であるため機体バランスの低下と機体の重量化という大きな欠点がある。その欠点を補うために三二式三型の持つ推進器だ。機体の重量化による機動力の低下を推進器でカバーするという想定である。とはいえ、機体バランスの悪さは変わらずに残っているため、操縦技術が必要である。
 想定された運用方法は、推進器とカニバサミを活かした突撃で敵指揮官機を討つことであり、戦闘の短期決着を主としている。
 本機の肩にある蟹座のエンブレムは整備スタッフの趣味であり、青を基調としたカラーリングはタイワンガザミなどの青い渡り蟹をモチーフにしてあるようで、戦場を渡り歩くという意が込められている。

作品一覧ページに戻る